趣味で楽しむギャンブルのすすめ

PAGE
趣味で楽しむギャンブルのすすめ

競輪競馬などのギャンブルを見て感じる寂しさ

趣味で楽しむギャンブルのすすめ
競輪、競馬、競艇。日本には多くのギャンブルが存在し、それに熱狂する人も少なくありません。私は昔から小心者ということもあり、賭け事はあまりやらない方ですが、特に少し年齢が上の方々は、このような賭け事に夢中な人も多いようです。学生の時にお世話になっていたバイト先の社員さんからは、よく話を伺っていました。しかし最近の流れとしては、このようなギャンブルはすたれていっているような気がします。

そもそもこのようなギャンブルは戦後直後から存在しており、長い歴史を持っています。この当時は、競馬より競輪の方が人気があったそうです。戦後の焼け野原の状態に加え、娯楽が少なかったという時代背景を考えれば、人気が集中するのも当然かもしれません。曖昧な判定の際には、暴動が起きることもあったようです。まるで、現在のヨーロッパのサッカーのような状況が、戦後間もない日本で起こっていたのは私にとって大きな驚きでした。そして、これらの収益の一部は、戦後の復興にも役立てられていたようです。ギャンブルというとイメージが悪くも写りますが、日本の歴史の中で、重要な役割を果たしていたと言えると思います。

若手の俳優をコマーシャルで起用するなど、若者に興味を持ってもらおうと、様々な努力もしているようです。しかし、状況は難しく、改善が見られないのが現状のようです。かつての日本の花形も、すたれていく。時代の移り変わりと言えばそれまでですが、当時を生きていない私でも、少しの寂しさを感じます。

注目のキーワード