趣味で楽しむギャンブルのすすめ

PAGE
趣味で楽しむギャンブルのすすめ

競輪の持つ魅力。多くの人がこのギャンブルに駆り立てられるわけ

趣味で楽しむギャンブルのすすめ
鍛え上げられた肉体を駆使し、とにかく相手より先んじる。私の持つ競輪のイメージはそのようなものでした。競輪に、そもそもこのようなギャンブルにあまり興味のない現代の若者にとって、競輪のイメージはこのようなものだと思います。とにかく体を鍛え、その脚力を持っていして、相手より早くペダルを漕ぐ。それは確かに当てはまる部分もあるかとは思います。何と言っても競輪にとって体は資本。ほとんどの入学生が複数回受験していると言われるほど厳しい入学試験でも、入念に身体能力を計測されるそうです。しかしながら、競輪という競技は体以上に頭を使う競技でもあるのです。

競輪は個人競技ではありますが、実は何人かの選手が組んで、レースが行われることが多いようです。先頭にいる選手が強い風圧を受けるという特殊な競技特性も手伝って、様々な戦略を持って、一着を目指すようです。積極的に先頭に立ってレースを引っ張る「先行」。最後に先行する選手を追い越す「追込」など、短い時間の中で、様々な駆け引きが行われています。見た目以上に、頭脳を駆使しなければならない競技なのかもしれません。

選手たちは、もちろん生活が懸かっています。自分の生活を確保するために、体を鍛え上げ、頭脳をフル回転させる。そして、1レース1レースに臨む。どのギャンブルにも共通することかもしれませんが、ただやっているだけでは勝てないところに、競輪の魅力があるのかもしれませんね。